アルコール対策に「ウコン」と「オルニチン」どっちがいい?違いと期待できる効果の解説

アルコール対策に有名な成分として「ウコン」があげられます。

 

確かに、飲酒対策にウコン系の飲料水は複数種類発売されています。でも、もう少し知識がある方だと「オルニチン」という成分もご存知かもしれません。

 

どちらの成分も「アルコール代謝には深い関わり」があるとされています。

 

結局、どちらの成分を摂取しておけばいいのか?ウコンとオルニチンの違いは何なのか?それを解説していきたいと思います。

 

ウコンとオルニチンの違いとそれぞれに期待される効果

いずれの成分も「肝機能に関与していること」は共通しています。かなりアバウトに述べると、以下の通りです。

  • 飲酒による有害物質の分解を促進するのが、ウコン
  • 有害物質を間接的に分解促進し、肝機能の全体サポートをするのが、オルニチン

ではもう少し詳しく見ていきましょう。

 

ウコンに期待される効果

まず、ウコンがアルコール対策として用いられる理由として、含まれる「クルクミン」という成分が深く関わっています。

 

アルコールが体内に入ると、分解酵素により、

アセトアルデヒド  酢酸  二酸化炭素+水

 

と、段階的に分解されていきます。

 

 

この中で有害なのがアセトアルデヒドです。アセトアルデヒドが悪酔いや二日酔いの根源となる物質です。そして、クルクミンはアセトアルデヒドの分解をサポートするとされ、飲酒対策として有効と考えられています。

 

オルニチンに期待できる効果

オルニチンはアセトアルデヒドの分解を間接的にサポートします。

 

どういうことかというと、オルニチンはアラニンというアミノ酸の働きを活性化させます。アラニン自身はアセトアルデヒドの分解をサポートするので、オルニチンがアセトアルデヒド分解を間接的にサポートしていると言えます。

 

 

また、オルニチンの働きで忘れてはならないのか「肝機能を高める働き」です。

 

これには、「オルニチンサイクルの活性化」や「アンモニア除去に伴うエネルギー産生のサポート」などが関わってきます。

 

・・・

 

少し専門的な内容になるので、オルニチンの働きを総括して述べるのであれば、

「肝の全体対策」と言えます。

 

アルコール対策で効果的なのは「ウコンorオルニチン」どっち?

以上から分かるように、理想は両方の成分が含まれているサプリが望ましいと、一般的には考えられています。

 

しかし、最近アメリカのミネソタ大学の研究チームが発表した論文によると、

クルクミンは「二日酔い対策」や「肝機能対策」には効果が認められない。
という衝撃の内容がありました。

 

参考:https://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/acs.jmedchem.6b00975

 

この論文に対する意見は、専門家の中でも分かれて、現時点ではあくまでも研究結果の一例と捉えるのが良さそうです。

 

 

それよりも私が懸念しているのは、ウコンの副作用。実は健康食品(健康サプリ)で、最も多く被害相談が報告されているのがウコンなのです。

 

参考:民間薬および健康食品による薬物肝障害の調査

 

もちろんこれらは、摂取目安量を守っていれば、大きな健康被害が生じることがないと、私も考えています。

 

しかし、

全体の25%は、ウコンが起因するものという事実はかなり衝撃的です。

 

ですから私としては、ウコンかオルニチンかどちらか1つを選ぶのであれば、オルニチンを選ぶと回答します。

 

オルニチンは体内にも存在するアミノ酸で、医薬品との相互作用をこれまで報告なく、安全性はウコンよりも、遥かに上だと考えています。

 

ウコン+オルニチンはWで嬉しい美容成分

オルニチンに無く、ウコンにはある働きとして、美容に関する嬉しい情報があります。

 

クルクミンは抗酸化物質なので、体内に過剰になった活性酸素を除去し、肌のエイジングを予防することが期待できます。

 

また、ウコンの「フラボノイド」という成分が血流を促進する働きがあるとされ、シミやくすみ対策にも利用できると考えます。ポカポカ成分なので、冬場に体の末端が冷えてしまう方や、夏場のクーラーに弱い冷え性の方にも「嬉しい成分」ではないでしょうか。

 

ウコンとオルニチンを両方含むサプリメント: ヤクルトやオルビス

ウコンとオルニチン両方を含むサプリメント、市販の商品では、Amazonで以下3点が見つかりました。

 

ヤクルト ウコン&オルニチン300粒

アルコール対策に「ウコン」と「オルニチン」どっちがいい?違いと期待できる効果の解説

 

1か月分で1607円と、まずまずコスパは高いです。

>>ヤクルト ウコン&オルニチン300粒

 

オルビス ウコン&オルニチン20日分

アルコール対策に「ウコン」と「オルニチン」どっちがいい?違いと期待できる効果の解説

 

オルビスは少しお値段高めですが、アルギニンとシトルリンも含まれています。

 

アルギニンとシトルリンは、「オルニチン回路」という肝臓の解毒サイクルに深く関わっている成分で、血管の拡張効果などがあるとされており、男性向けのサプリメントなどにも多く配合されている成分です。

>>オルビス ウコン&オルニチン20日分

 

ウコン+オルニチン・シトルリン90粒入

アルコール対策に「ウコン」と「オルニチン」どっちがいい?違いと期待できる効果の解説

>>ウコン+オルニチン・シトルリン90粒入

 

ウコン+オルニチンの組み合わせ商品は、まずまずのお値段

どの商品見ても、1ヶ月あたりに換算すると概ね2000円前後ではないでしょうか?

 

コスパ的には悪くありませんが、私としてはウコンの健康被害情報が怖いので、体内にも存在する「安心のアミノ酸:オルニチン」のサプリをオススメします。

 

実は、初回1000円以下で始められるオルニチンサプリも複数あるので、一覧にまとめてみました。興味があればご覧ください。
↓↓↓
→オルニチンサプリ一覧

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です